That's Means A Lot

フットボールとマリーンズとアイドルと…

第24節 vs新潟 失望のロークオリティゲーム

※この記事には刺激の強い文が含まれております。

 

1つでも上の順位に行きたいのなら、ましてや優勝を目指すと宣言してしまったのならば、大切じゃない試合なんてひとつもないし、それをチーム全体で体現していかなきゃいけないはずなのに、今日はどうだっただろう。
勝ち点一桁で降格内定済みの新潟をホームに迎えたのなら、確かに「勝って当たり前」の雰囲気が出てしまうの仕方ない。普通そう思うもん。ただボーナスステージにしっかりお金を落とすのが柏レイソル。主観的な話でしかないけどずーっと昔からそうだと思う。

f:id:zeroplusalfa:20170826224910j:image

退場した中谷はさ、それに1人少なくなって難しい試合になっちゃったけど、そもそも主審が佐藤隆治というJリーグが誇る地雷持ちのクソ審判だということを頭に入れておけば、あそこまで熱くなったらダメだということがわからなかったのかな?あれはイエロー持ちのプレーヤーのすることではない。熱いプレーが持ち味なのは知ってるけど、頭は冷静にやってくれよ。


今日スタメンだった全員、特に古賀とか中山は、相手が立ち上がりからうちのビルドアップにきついプレスをかけてきてるのなら、なぜリスクを冒してまでパスを繋ごうとするのかな?それは敵陣でもそう。なぜあそこでアーリークロス、なぜあそこで横パス、バックパス。なぜあそこでドリブル。挙げ句の果てにコケるハモン。シュート打て!シュート打て!シュート打て!


そして下平さん、優勝を目指すと宣言してたのに、なぜここ数戦良い動きをしてた小林を外して古賀を起用し、おまけに交代枠を使い切らずに試合を終わらせたのかな。結局僕にはなぜ彼を起用したかわからなかったよ。前々から劣勢とかエマージェンシーの対応が得意ではないのは知ってるけれど、本当に優勝を狙うなら、疲れの見えた伊東やボギョンは早めに替えてよかったんじゃない?


サポーターも、それをいつも通りのプレーをすれば勝てるぞという雰囲気にできれば別にいいんだけど今日はどうだっただろう。いつ柏熱地帯にいるわけじゃないから今日だけがそうかは知らないけど、「どうせ勝つやろ」みたいな雰囲気が試合前に出てたよ?少なくとも浦和戦のような威圧感には程遠い雰囲気だったと思う。そのうち入る追加点なんてないんだよ?

f:id:zeroplusalfa:20170826225221j:image

若くて未熟。その言葉で済ましてしまえばまだ可能性があるように感じるけれども、それにしてはプレーもベンチワークもレフェリングも勝ち点一桁代のようなとてもクオリティの低いしょーもない試合だった。今の柏レイソルはそういう試合から学んで行くような段階ではない。こういう難しい試合を勝って行かないと目指している順位に食い込むことはできない。優勝だなんて寝言は寝てからどうぞ。

 

確かに主審は本当にひどかった。あれが国際主審だなんてちゃんちゃらおかしくて笑ってしまう。でもそれは2014年の浦和戦の時でよーくわかってるはず。たまに安定したレフェリングをする時もあるかもしれないけど、嫌いだ。でも2010年の岡山戦のように審判のせいで勝てないのであればもっとボロクソに言ってやるけど、別にそういうわけでもないのでこのくらいにしておく。結局下平が柏、東京、そして日本代表でお世話になった呂比須に同情がてら勝ち点をプレゼントしたが故のドローということ。優しいねえ。呂比須なんて柏を出て行った後で文句言いまくってたクソ野郎だと親から教わってただけに勝ちたかった。本当に負けなくてよかったのかな?勝たなきゃダメだったと思うんだよなあ。あーもやもやする。